宅浪落ちた。

宅浪して落ちたワイ。成功した人のオ〇ニー日記に飽きた人へ。

宅浪ヒストリー④第一回全統模試とTOEICと

げんき、しとぉや!!!

どうも、みるこです。

 

今回は宅浪ヒストリー第4話!

 第1話→宅浪ヒストリー①~現役夏 - 宅浪落ちた。

 第2話→宅浪ヒストリー②現役夏~卒業 - 宅浪落ちた。

 第3話→宅浪ヒストリー③宅浪決定とリスタート。人は変われない...? - 宅浪落ちた。

 

〜前回までのまとめ〜

ド凡人で三日坊主の権化はいつまで経っても全力を出し切れず、案の定浪人決定。

気分一新、自分改革の1年にすると誓い、始まった宅浪生活もわずか1ヶ月で破綻寸前。

そんな中挑む5月全統模試の結果は如何に!?

 

 

------------------------

 シーズン開幕初戦。黒か白か。

来てしまった。。。

 

試験会場となった私立の大学は休日で、その静けさは自分が世間と切り離された、対極の世界に生きていることを意識させた。

 

教室。

 

現役生と浪人生の見分け方は簡単だ。

 

制服を着ているか否か、ではない。

 

もちろん私服の現役生もいる。

 

 

目を見れば分かる。

 

瑞々しい眼差しをしていればそれは現役生だ。

 

緊張か、自信か、期待か、

 

いずれにせよ、そこには「生気」があった。

 

 

片や浪人生。

 

こちらは、、、死んでいる。

 

伏し目がちで、どこか中空を見つめて停止したり、、、

 

 

私がサムいポエマーなことを差し引いても、誰が見ても一瞬で判別できるはずです。

 

そして同じような感想を述べることでしょう。

 

 

 

とにかく、浪人生は老け込んでいて生気を感じられない。

たかが1年しか生まれは違わないはずなのに。

 

そんなことを考えながら、(前年度 卒)の楕円を黒く塗りつぶす。

クラス名も自分の名前の頭文字で代用するらしい。

 

「もう学校という後ろ盾もないのか。。。1人でやらなきゃいけないのか。。。」

 

 

 

試験は手慣れたもので、特に何の焦りもなく、ただ淡々と終えた。

 

 

 

では、宅浪計画の半分以下しか勉強しなかった結果は?

 

f:id:TImirko:20181206014647j:plain

 

 

f:id:TImirko:20181206014715j:plain

 

 

良すぎやな。

というか簡単すぎたわ。

 (まあ、数学の得点は相変わらず目も当てられませんが、、、)

 

忘れてたけど、河合塾全統模試は受験するのは現役生が大半やし、それに伴って5月の第1回は難易度も低いし出題範囲も狭いんや。

 

そりゃ、サボってても点が取れて当たり前よね。。。

 

 

「ここで甘えていては本当に腐ってしまう、、、!!!!」

 

久々の模試の緊張感に火が付いた私は、目標設定を見直し、もう一度やるべきことを洗い出しました。

f:id:TImirko:20181206022845j:plain

宅浪日記より抜粋

「早稲田政経合格」と書いているのは、それくらいセンターで取ろうっていうことっす(笑)

行く気はサラサラないし、学費払えんし。

 

 

この時期から「Studyplus」というアプリで勉強内容と時間を記録することに。

 

このアプリでは、全国の意識の高い受験生(に関わらず多くの学習者)が、どのような参考書を使って、どれくらい勉強しているのか公開しているのです。

 

これは効率的な学習方法の参考になりますし、比較対象の少ない宅浪生にとってモチベーションアップに繋がるとっても有難いアプリなんで、是非使ってみてください!

f:id:TImirko:20181206025344p:plain

スタディプラス公式サイトより

 

 

意識改革。秘策はTOEIC

 

さて、6月は大手予備校のうち、東進くらいしか模試を開催していなかったのですが、

「頻繁にセンターの模試受けすぎても点変わらんし、しんどいだけやろ。」

 

ということで6月は模試の受験は無し。

その代わりにTOEICを受験することにしました。

 

理由としては、

  • 模試の代わりの目標
  • ポジティブな息抜き
  • 世間との関わりを持っておきたかった
  • 受験は人生の通過点という意識を消さないため

といったところでしょうか。

下の2項目について少し説明を。

 

まず、TOEICですが、現在多くの大学で英語のクラス分けや成績評価に用いられています。(中にはTOEFLを利用する大学もあります。)

 

私の友人達も入学してすぐに受験させられた、という話は聞いていたので、

「よっしゃ、浮かれた大学生ぶっ殺したろ!!」

と、いつもの歪んだ反骨精神で、友人よりも高いスコアを手に、マウントを取ってやろうと思ったわけです。

(なお、相手にされることは無い模様)

 

今振り返るとクッソダサいですが、こうでもしないとモチベーション上がらなかったんすよ、、、

 

それに、自分は”身分無し”いわゆるフリーターの宅浪生。

 

自分が社会の中でどのくらい価値のある人間なのか、客観的な数字を見て安心したかったのです。

それが「世間との関わりを持っておきたかった」という意味です。

 

「受験は人生の通過点という意識を消さないため」

というのは、上記の説明と似通ったところがあるのですが、受験勉強ばかりしていると、自分が本当にやりたいことは何なのか見失いがちになってしまいます。

 

「なんとなくみんなが行くから」

「やりたいことは大学で見つける♪」

とか、”とりあえず”大学に進学するやつが私はクソほど嫌いでした。

 

とりあえずの選択で何百万もドブに捨てるような奴ら。

講義に出ずに親のカネと時間を食いつぶすような奴ら。

 

全員くたばれ、と。

全員ガーナに行ってカカオ豆でも拾ってた方が社会貢献になるやろ、と。

 

 

大学卒業のその先にある未来のために大学があるのに、受験生活の中で着地点を''合格''と錯覚してしまっては、モチベーションもクソも、勉強する意味も感じられないでしょう。

 

そうした初心を忘れない為にも、

自分が目指す人間として得るべき能力は何なのかを考え、求め続けるためのTOEIC受験という決断でした。

 

 

 

TOEIC初受験。浮かれた大学生をぶちのめせるか。

 

といっても、TOEIC専用の対策としては、一週間前に問題集を2回ほど解いたのみです。

あとは、現役時代からセンターのリスニング対策としてTOEIC公式のアプリを使っていたので、それでリスニングは賄えるだろうと踏んでいました。

 

 ワイが使ってたアプリ↓ 特に可もなく不可もないで。(笑)

TOEIC presents English Upgrader

TOEIC presents English Upgrader

  • The Institute for International Business Communication
  • 教育
  • 無料

 

 

試験自体は大学受験の模試と同じようなもので、近隣の会場(大学)に行って受験するだけです。

 

 

問題の内容としては、リスニング・リーディング共に、センター英語が解ければ苦にならないです。

ただ、TOEICは主にビジネスシーンを想定しており、受験では見たことの無い単語や表現も多く、制限時間もタイトなので、高い処理能力が求められているようです。

特に約1時間のリスニングセクションだけでかなり集中力が持っていかれました。。。

 

 

ほんで、一か月ほどして郵送されてきた結果が↓

f:id:TImirko:20181207104543j:plain


 750/990

スコアの目安は下記サイト様に分かりやすくまとめてありました。

souspeak.com

 

 

 

思っていたより良かったです。

 

進学した友人達のスコアを大きく上回り、しばらく優越感に浸っていました。

 

まあ、毎日勉強しかすることないから当然なんすけどね、、、、

 

 

ともあれ、自分がやってきたことがこうして身についていること。

 

人脈も、何の才能もない自分でも、勉強はこうして応えてくれること。

 

将来への大きな希望となり、自分の可能性への期待を持つことができました。

 

海外に留学して、広い世界を見て、そこで働いて、、、

 

 

多くの才人が語るように、大きな成功に必要なのは「小さな成功体験の積み重ね」なのでしょう。

 

ここに来て初めてポジティブな思考が出来るようになりました。

 

 

 

 

キテる。

確実に波が、来てる。

 

この勢いを逃すわけにはいかん!!!

 

高い意識を保つためにはどうしたら、、、

 

 

 

 

 

そうだ、予備校へ行こう。

 

 

 

 

 

 

次回、予備校生になって宅浪引退!?

 

S台に入校で合格一直線か!

 

乞うご期待!

 

 

 

 

   Twitter(元)宅浪みるこ (@mirko_tomo) on Twitter

 

 

 

 

宅浪ヒストリー③宅浪決定とリスタート。人は変われない...?

げんき、しとおゃ!!

 

どうも、宅浪みるこです。

 

宅浪ヒストリーも現役編を終え第三話目。

 

 第1話→宅浪ヒストリー①~現役夏 - 宅浪落ちた。

 第2話→宅浪ヒストリー②現役夏~卒業 - 宅浪落ちた。

 

今回からいよいよ闇の一年間が幕を開けます。。。

実質365連休を享受()する限界界隈の生活実態とは...!!

 

~前回までのあらすじ~

受験に対する無知の知に至ったのは高3夏、参考書とスタディサプリを武器に背水の陣で挑んだセンター試験は花開かず。

とうとう第一志望の神戸大学経営学部に落第してしまい、無事浪人の沼に飲み込まれてしまったのであった、、、

 

浪人決定、劣等感に溺れる。

3月、神戸大学国際文化学部(現 国際人間科学部)の後期日程に不合格。

センター受験以前から覚悟はしていた「浪人」という運命を辿ることとなってしまった。

覚悟していたとは言えど、やはり辛い。

 

順調に歩を進めた友人たちは卒業旅行だの、入学式だの浮かれてやがる。。。

 

羨ましい。

 

よりも先に彼らに対する劣等感で自己嫌悪に陥る。

 

これから1年間も受験勉強を続けなくてはならないことを考えると吐き気がした。

 

日を追うごとに「浪人をする」という実感が湧き、その感覚は生々しく、大きくなっていく。

 

私の数少ない友人たちも皆、進学が決まっていたので切磋琢磨するライバルもいない。

 

家族や友人は「頑張れ」という言葉をかけてくれるが、それも全て「他人事の上っ面だけの言葉なんやろなあ...」と全てに悲観的になっていました。。

 

こうした負の感情は結果として一年、365日、24時間背負い続けることになります。

 

特に4月、5月は劣等感と自分の無力感に嫌気が差し、一人涙を流すこともしばしば。

 

いや、こんなメンヘラじゃなかったはずなんやけどなぁw

 

宅浪という選択。計画。

どんなに泣き喚こうと受験戦争はすでに始まっている。

それは一度経験した身である自分が一番理解しているつもりでした。

 

ですが、3月中は受験勉強そのものとは少し距離を置き、もう一度自分と向き合い、人生の目標と計画を立てることにしました。

 

 

将来の夢。

自分は何に興味があり、どのような姿を目指すのか。

再度自己分析し、大学進学が手段でなく、目的にならないよう人生の軸を固めようと思いました。

 

カンブリア宮殿とか、ガイアの夜明けを見て「ビジネスマンかっけえ。。。」と憧れていた私は経営コンサルタントになってガッポリ稼ぐべく、経済・経営系の大学を志すことを再度確認。

 

さらに、実家から通え、学費の安い国公立大学ということで、やはり第一志望は神戸大学

それも主席合格で完全リベンジを果たすことを自分に誓いました。

(上位合格すると留学に有利になる制度があったからというのもある。)

 

8割の人生はもう嫌だ

また、この1年の大きな目標として「脱・8割人間」を掲げました。

 

私はそれまでの人生で、目標に向かって100%努力した、という経験がありませんでした。

いつも中途半端に、周りから見て恥ずかしくない程度に、そこそこの成績を取って、そこそこの評価を得てきました。

 

しかし、それでは何者にもなれない。何も成し遂げられないのではないか。

歳を重ねるにつれ、ガキなりにそんなことを考えるようになりました。

 

そして現役時代の大学受験。

8割、いや6、7割の努力で挑み、案の定何も得られなかった。

 

神戸大学に入学出来なかったことよりも、自分に負けた、自分の弱さから逃げ続けたことが何より悔しかった。

 

そんな8割人間を変えたい。

 

これが私の大きな目標でした。

 

戦略

では、具体的にどのような方法で力を高めていくのか。

予備校へ通う金銭的な余裕が無かったので、必然的に自宅浪人は確定。

 

学習プロセスとしては現役時代にある程度成果が得られた、「参考書+スタディサプリ→模試パック(実践問題)」というサイクルを徹底することに決定。

 

記述式問題への対応への不安はありましたが、「記述用の参考書を使えばいける!!」と信じることにしました。

添削指導してくれる伝手もなかったのでね〜

 

 

次にスケジュール作成。

一年間の各予備校の模試日程を調べ上げ、少なくとも一か月に一回は模試という短期目標が存在するように年間計画を立てました。

それが↓

f:id:TImirko:20181205021510j:plain

*黒塗りは模試結果等です。後々剥げていきます。

 

 

ということで、まとめるとこうなります。

 

目標:神戸大学経営学部 主席合格  米国留学MBA取得 経営コンサルタントになる

   脱・8割人間!

 戦略:参考書とスタディサプリで実力養成 模試で実践力を上げる

4月、進む世間と変われない自分。

4月1日。

入学、出会い、高揚、希望。

これから何をしようかーーー

 

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 

 

2月35日。

また、始まった。

今年こそはーーー

 

 

 

 

当面の目標は5月に行われる”第一回全統マーク模試”と”第一回全統記述模試”

 

日程から逆算して参考書の進度を決定。

一週間、一日毎と、起床時間から食事場所まで綿密に計画を組み立てていく。

 

計画を立てるというのは楽しいものだ。

 

やり遂げた自分の成長した姿、表れる理想の結果を妄想しているとワクワクしてくる。

 

 

この計画ならいける...!!

 

 

 

と思ったのも束の間、計画とは倒れるもののようで、、、、

いや、きっと自分だから思い通りにいかなかったのでしょう。

↓↓↓は浪人するようになってから書き始めた日記です。

 

f:id:TImirko:20181205024606j:plain

 ↓

 

 

f:id:TImirko:20181205033143j:plain

f:id:TImirko:20181205033221j:plain

f:id:TImirko:20181205033116j:plain

 ↓

f:id:TImirko:20181205024546j:plain

 

 

 

日を追うごとに減っていく勉強量。

と言うよりは、2日、3日と多少なりとも勉強してはガス欠になって何も出来ないという日々が続いていることが分かります。

 

 

 

まさに三日坊主の連続。

 

 

これは現役時代からの傾向だったんですが、僕は中途半端な完璧主義者なので、綿密に立てた計画のどこかに綻びが出ると途端にやる気を失ってしまうのです。

 

例えば、朝決めた時間に起きれなかったりだとか。

例えば、何か予想外のハプニングで勉強出来なかったりだとか。

 

 

途中からでも立て直そうとする気力が無かった。

 

そうして何日か廃人のように過ごすうちに、背徳感と義務感で僅かな期間復活するという日々。

 

もちろん学習の進捗度は当初の計画の半分以下に。

 

いや、記憶の定着のことを考えると、毎日学習を続けるのに比べて、その効率はもっと悪かったことでしょう。 

 

 

 

「俺はまた変われないのかな」

 

 

 

 

 

 

______________________________

 

 

 

さあ、刻々と迫る模試の日。 

 

それまでの努力が客観的な数字となって現れます!

 

また同じことの繰り返しか。

 

また8割人間を辞めれないのか。

 

何者にもなれない人生だったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは次回以降のお楽しみ。

 

 

今回はここまで!

 

 

 

  Twitter(元)宅浪みるこ (@mirko_tomo) on Twitter

UVERworld TAKUYA∞のライブMC 「ALL ALONE」

げんき、しとおゃ!!

どうも、みるこです。

 

「やりたいことが見つからない」

「自分にできることなんてあるのか」

誰しも悩んだことがあるでしょう。

いや、一生悩むものなのかもしれません。

 

私も自分に自信が持てない人種ですが、先日、UVERworldのとあるライブ音源をLINEミュージックで聴き、見事にやられました。

 

どうしても多くの人に知って欲しい、ボーカルTAKUYA∞のライブMCの一部と一曲を文字に起こします。

 

UVERworld KING'S PARADE 2017 Saitama Super Arena 」より

(「男祭り」と言われる男性限定のライブ。史上最大2万3000人の男性を動員。さいたまスーパーアリーナに集結した。ちなみに「目撃者」として200人の女性も招待している)

~11曲目「一滴の影響」を歌い終えて~

 

TAKUYA∞:おまえら…すごい勢いあるけどさ、普段何やってんの?笑

 

そんな感じで生きてたらさぁ…だいぶめんどくさがられるっしょお前ら…

 

なに?学校とか職場とかでもそんななの⁉

やっべえなお前ら‼

こんなめんどくせえやつ日本にこんなにいらねぇぞオオイッ!!

観客:ウワアアア――――(野太い歓声)

 

TAKUYA∞:それぞれ何か追いかけてやってんだろうね…。

なんか、俺思うんだよ、それぞれに何か、それぞれ、向いたものがあると思うんだよね。

俺にもきっと、俺に一番向いた、生き方があると思うんだよ。

でも、おれは、何度考えても、俺の一番向いてる生き方は…音楽じゃなかった。

バンドでもなかった。

 

なんだろうなあ…俺が一番向いてるのって何だろう…筋肉すげえ付きやすいからさ、ボディービルダーとかやったらすごかったのかもしれないね(笑)

観客:オオオオオオオオーーーーー!!!!(黄色い?歓声)

 

TAKUYA∞:分かんない(笑)

コイツ(ベースの信人)も多分、バンドマンが一番向いてるわけじゃねえと思うんだよ

多分モンゴルとかでなんかこう、放牧された牛とかを飼う仕事が一番合ってると思うんだよ(信人はエスニックな顔立ち)

 

(会場中笑いと歓声)

 

なんかいるでしょ?才能だけでさ、ピッてすげえイイ本書いちゃう人とか、ピッてすげえイイ絵描く人。

俺、そういう人たちにはやっぱり本を書き続けて欲しいし、絵を描き続けて欲しいのね。

生まれ持った才能で、それを選んだんだったらさ。

 

でも、俺は、自分自身に向いているものじゃなくて

今、何を選ぶのかを一番大切にしたいと思っている。

俺は、音楽を選んだ。

 

みんなは何になりてえんだよ?

 

あー…医者?教師?役者になりてえの?ミュージシャンになりてえの?パイロットになりてえの?野球選手になりてえの? 

 

(思い思いの夢を叫ぶ男達)

 

いっぱいあると思うんだよ!

それぞれ、何が自分に向いてるかじゃなくて、

それぞれ、自分が何を選ぶのかを大切にしていこうぜって話ィ!!!

 

観客:ウオオオオオーーーー!!!!!(応える男)

 

TAKUYA∞:いいか!!

生まれも育ちも関係ねえぞ!!

俺たちは、滋賀県のたった6人で始めたバンドだよ!

田舎から始まったバンド、幼馴染で始めたこのバンドが、

諦めることを諦めて、諦めることさえも忘れた瞬間!!!

こんなさいたまスーパーアリーナで、同性の男がこんだけ集まるんだよォォィ!!!

 

観客:オオオオオオオオオオオオオオオーーーーーー!!!!(最大ボルテージ)

 

TAKUYA∞:俺はそんなことをこの歌に詰め込んだ

聞いてくれ、孤独と向き合うこの歌、

俺たちは、みんな孤独さ!

そこで向き合って見つけるのが自分の生き方ァ!

生き方も死に方もテメェで決めやがれ! 

 

 

「ALL ALONE」

歌 : UVERworld 作詞.作曲 : TAKUYA∞


Black Point 浮き上がる Arise
STRAIGHT OUTTA TOKYO noisy town
がんじがらめの 規制と法
俺達が信じたのは
戦争を知らぬ大人の群れでは無く
宗教や金でもねぇ
自分の存在を 認める瞬間を

哀しい時に 僕は歌う
あいつは言った 俺は踊る
私 絵を描いてる時だけ
全て忘れられる

真っ黒な壁に 黒のスプレーで
助けてと書かれたメッセージ
いかがわしい都会の影に 飲み込まれて行く

生まれの貧しさが 僕らの未来を決められなかったように
生まれの貧しさなんて 誰かと比べるものじゃないけど
自由や平等なんて言葉で これ以上導くのなら
答えてみろよ

LONELY
この世界の Dislike 一番最低で
本当に許せない所は
その 本当にこの世界で起きてる最低な出来事は
表現させない 歌わせない

LONELY
いつかこのままじゃ 掴めずとも 伸ばしてた手も
下ろしてしまうんだろう?
そしていつか この許せないと言って泣いた
意味も夢も 忘れて行くの?

そう Ride or Die 出せよ チップ
あぶく銭を得ては それを恐ろしい物に変え
満たしたい感覚は 自分で掴んだと言う感覚を

何者に媚びぬ力が欲しい
無理なら媚びる勇気が欲しい
頷き 従う 勇気を

雑居ビルの隙間を抜け スクランブル
助けてと掲げたメッセージ
ボカシのかかったこの街じゃ
もう 目さえ合わない

死ぬ間際に お金や物を欲しがる人なんて居ないでしょう?
僕達はそんなものを 探す旅をしているんだろう
きっと世界が無くした物だろう 正しい愛と夢
お前らに 言ってんだよ

LONELY
この世界の Dislike 一番本当に
悔しくて許せない事は
この 本気で追いかけて来た夢も
値札が付いてなくちゃ 見向きもされない
認めちゃくれない

LONELY
いつかこのままじゃ 掴めずとも 伸ばしてた手も
下ろしてしまうんだろう?
そしていつか この許せないと言って泣いた
意味も夢も 忘れて行くの?

 

TAKUYA∞:俺たちは、自分の生き方は自分で決めてる!

お前らもそんな生き方してえだろ!なあオイ!!

 

暗闇での多数決 押し付けられるルール
虚無感と 違和感と
舌打ちが 街に響いてても

哀しくても 歌ってるだけで
哀しくても 踊ってるだけで
ほんの少し こんな街で
僕らは輝けてる気がしてた

哀しくても 絵を描いてる時だけ
この街に 存在してる気がした
ほんの少し 笑ってる気がした

LONELY
自分自身の Dislike 一番本当に
悔しくて許せないことは
この 特別な才能を持って
産まれて来れなかった事なんかじゃない

この世界の
どうでもいい 心無い言葉や
ただのフレーズに押しつぶされそうになって
全てを 一瞬で捨ててしまいそうになる事
未来も この命も

哀しくても 歌ってるだけで
あいつは 踊ってる時だけ
彼女は 絵を描いている時だけ
あの子は 文字を綴っている時だけ
あいつらは 何かを演じてる時だけ
あの人は 誰かを笑わせてる時だけ
彼らは 物を作っている時だけ
お前は お前がやりたい事を やれ

最後の日に欲しい物は
最後の日に欲しいと思えるような
この街で生きて来た証

 

TAKUYA∞:しっかりと自分に必要な分量の孤独と向き合って、テメェの生き方も、テメェの死に方も、テメェで決めやがれ!!!

 

続きを読む